第65回カンヌ国際映画祭で最高賞に選ばれたのは「アムール:AMOUR」


第65回カンヌ国際映画祭の授賞式が27日開催され、オーストリアのミヒャエル・ハネケ監督の「アムール」がコンペティション部門の最高賞「パルムドール」に輝いた。ハネケ監督の最高賞受賞は2度目。

女優賞は「Beyond the Hills(英題)」のCristina FluturとCosmina Stratanの2人が受賞。男優賞には「The Hunt(同)」に主演したデンマークの俳優、マッツ・ミケルセンが選ばれた。

その他、各部門の結果は以下の通り。

● 長編映画
パルムドール
『AMOUR (Love)』 監督Michael HANEKE

● グランプリ
『REALITY』 監督 Matteo GARRONE

● 監督賞
Carlos REYGADAS 監督の『POST TENEBRAS LUX』

● 審査員賞
『THE ANGELS’ SHARE』 監督 Ken LOACH

● 男優賞
Mads MIKKELSEN  『JAGTEN (The Hunt)』監督 Thomas VINTERBERG

● 女優賞
Cristina FLUTUR と Cosmina STRATAN 『DUPÃ DEALURI (Beyond The Hills)』 監督 Cristian MUNGIU

● 脚本賞
Cristian MUNGIU 監督 『DUPÃ DEALURI (Beyond The Hills)』

● 短編映画
パルムドール

● カメラドール
『BEASTS OF THE SOUTHERN WILD』 監督Benh ZEITLIN ある視点部門にて選出

2012年5月28日

カテゴリ: ハリウッド最新情報