最低映画を決めるラジー賞、『トワイライト』が全10部門で最多11ノミネート!


Twilight-razziesラジー賞ノミネート発表人気映画シリーズ『トワイライト』最終章が全部門に候補入り。

最低映画選ぶラジー賞に、映画「トワイライト・サーガ/ブレイキング・ドーン Part2」最終章が最低主演男優賞(ロバート・パティソン)、最低主演女優賞(クリステン・スチュワート)、最低映画、最低監督など全10部門で最多11ノミネートを記録した。

また、『ザッツ・マイ・ボーイ』は8ノミネート、『バトルシップ』は7ノミネートされた。

授賞式は、アカデミー賞授賞式前日の2月23日に開かれる。

※プチ知識:ゴールデンラズベリー賞(ラジー賞)とは毎年アカデミー賞授賞式の前夜に「最低」の映画を選んで表彰する。ラジー賞(Razzies)とも呼ばれる。

2013年1月10日

カテゴリ: ハリウッド最新情報